フリーランスの仕事とその魅力

近年よく聞くようになったフリーランスとは、一体どのような働き方なのだろうか。なかなか馴染みがないことから、詳しく知っている人もそれほど多くはないだろう。中にはフリーターとの違いがわからないという人も少なくないのが現状だ。その際に読むといいのが、<<フリーターからフリーランスに転身しよう!>>であり、フリーランスとフリーターの違いがよくわかる。

さて、今回はフリーランスの定義について説明していく。まず、フリーランスとは、企業や組織に所属することなく、個人で仕事を請け負う働き方のことである。フリーランスとして働く人は増加傾向にあり、特にIT業界で多くみられるようになってきた。自己の経験や専門技術などを活かして、個人で仕事を行うのであればフリーランスといえる。

フリーランスのメリットとしては、自分で仕事を選べることだろう。くわえて、働く時間帯や日数などの制限を受けないため、プログラミングスキルさえ持っていれば、女性でも子育てや家事をしながら仕事を両立させることも可能だ。また、納期さえ守れば労働時間の配分も自由に決めることができ、極端にいえば一般サラリーマンであれば週5日ほど働くところを、フリーランスは週3日の労働時間とすることもできる。そこで自分で設定した休日を使い、リフレッシュ旅行に行くことも不可能ではない。

しかし、フリーランスもメリットばかりではないのが現状だ。技術だけではなく、コンスタントな営業活動やタスク管理、経理業務、雑用など多岐にわたる業務を遂行しなければならない。また、仕事がなくなってしまう不安とも常に向き合うことになる。しかし、仕事が波に乗れば一般企業と比べ経費が少ないため、高収入が見込めるのだ。